ライフファーマは、宮城県・岩手県・秋田県で
保険薬局を展開しています。


保険薬局について




 

保険薬局の役割


保険薬局は、医師からの処方せんをもとにお薬を調剤し、患者さんに投与をする仕事です。
医師は診察等の医療行為に専念し薬剤師が薬暦管理や処方せんをもとに調剤・服薬指導等の薬を担当し、
医療の質を向上を図るという「医療分業」は、 昭和50年ごろから進展しはじめ
平成元年から厚生省(現厚生労働省)も進展に取り組んだことで本格化しました。
医師、薬剤師がおのおの専門家することにより安全で効率的な医療を提供します。


 

薬局業務の流れ


1)処方せん受付
2)処方せんの内容確認
3)薬暦から情報の把握(服用記録等)
4)医師への確認
 (飲み合わせ等必要があれば医師への確認)
5)調剤
6)監査(処方せんと調剤薬を再確認)
7)投薬・服薬指導(処方薬の説明)
8)会計


 

薬局業務の流れ


処方せんの発行枚数、分業率は年々上昇しておりこの傾向はこれからも続くと思われますし、
高齢化にともないお薬を通した医療を担当することが期待されます。
薬剤師の役割は、今後ますます注目を集め今まで以上に重要な役割をもとめられるでしょう。